特長

2.既存設備を転用して本処理法の導入が可能です。

本処理に使用する担体の形状は角型で、既存の角処理槽に無駄なく配置することができます。担体比重は1以下と軽く水に浮くため、既存処理槽を耐重量性へ改造する必要もありません。

3.放流先に応じた処理施設構成を選択できます。

本処理法において、処理水を下水道へ排除する場合には、原水調整タンクと反応タンクだけの構成となります。一方、河川など公共用水域へ放流する場合には原水調整タンクと反応タンクに加え、安全を考慮して仕上げ部を組み込みます。

本処理技術の原理

放流先に応じた一般的な処理施設構成

本処理法の特長

1.標準活性汚泥法と比べて汚泥発生量を半減させることができます。 詳細はこちら>>
2.既存設備を転用して本処理法の導入が可能です。 詳細はこちら>>
3.放流先に応じた処理施設構成を選択できます。 詳細はこちら>>
4.良好な汚濁物除去が可能です。 詳細はこちら>>
5.維持管理が容易です。 詳細はこちら>>
6.担体にリサイクル材を活用した環境にやさしい処理技術です。 詳細はこちら>>
7.施設形状を自由に選択できます。 詳細はこちら>>