特長

5.維持管理が容易です。

本処理法では活性汚泥を利用しないため、標準活性汚泥法のような毎日の汚泥の管理・処理は必要ありません。また、使用する機械設備数が少ないため、機械設備の保守管理も軽減されます。

主な維持管理項目

主な維持管理項目

本処理法の特長

1.標準活性汚泥法と比べて汚泥発生量を半減させることができます。 詳細はこちら>>
2.既存設備を転用して本処理法の導入が可能です。 詳細はこちら>>
3.放流先に応じた処理施設構成を選択できます。 詳細はこちら>>
4.良好な汚濁物除去が可能です。 詳細はこちら>>
5.維持管理が容易です。 詳細はこちら>>
6.担体にリサイクル材を活用した環境にやさしい処理技術です。 詳細はこちら>>
7.施設形状を自由に選択できます。 詳細はこちら>>